顔のくすみは洗顔で改善するの?透明感のある肌を手に入れたい!

透明感のある肌は若々しい印象を与えてくれます。逆に年齢より老けて見えてしまう「肌のくすみ」。

なかなかすぐには解決しない場合もありますが、日々のスキンケアや洗顔料を見直して改善できるくすみもあるのです。

どのように肌がくすんで見えてしまうのか、その原因を紹介していきます。

スポンサーリンク

肌のくすみの原因は?

肌のくすみはいくつかの原因が考えられます。

洗顔で改善できるもの、できないものなど様々ありますが、洗顔を変えることで改善することも多いのでまずはくすみの原因を確認しましょう。

 

皮膚表面や毛穴による汚れ

皮膚の表面や毛穴による汚れで肌がくすんで見えることがあります。

メイクがしっかりと落とせてない状態や、毛穴に落としきれなかった汚れが溜まってしまっている場合は肌がくすんで見えてしまいます。

毛穴の汚れはすっきりと落としきるのが難しいので、特に小鼻周辺をチェックし、毛穴が黒くポツポツ見えてないかチェックしてみてください。

 

角質トラブル

ストレスや食生活の乱れで、皮膚のターンオーバーが乱れてしまっている状態です。

ターンオーバーとは、皮膚の生まれ変わりの周期を指します。

皮膚の表皮は「基底(きてい)層」「有棘(ゆうきょく)層」「顆粒(かりゅう)層」「角層(角質層)」という順に並んで構成されており、ターンオーバーはこの表皮で繰り返されています。

「基底(きてい)層」で皮膚の新しい細胞が生まれ、だんだんと上に押し上げられて「角層(角質層)」ではバリア機能の役目を果たし、その後は垢となって剥がれ落ちていきます。

この周期が乱れてしまうと古い角質が蓄積して剥がれ落ちていかない状態となり、新しい皮膚細胞の進みが遅くなり、表面は古い角質でゴワゴワと固くなってきてしまいます。

この古い角質が剥がれ落ちないこと、新しい皮膚が表面に出れないことで肌がくすんで見えてしまう場合があります。

 

摩擦や刺激が原因のメラニン色素

日焼や皮膚への摩擦などの刺激が原因でメラニン色素が形成され、肌がくすんで見えてしまう場合があります。

日焼け止めはしていても、意外と肌の刺激には無頓着な人もいます。

顔をゴシゴシ洗っている、ゴシゴシとタオルで拭いている、いつも顔の一部を触ったりこすったりする癖がある場合もくすみの原因になることがあります。

 

疲れや冷えなどによる血行不良

ストレスによる疲れや冷え性などの血行不良で、皮膚の血液の流れも悪くなってしまいます。

皮膚に血液が流れにくくなると顔全体の皮膚が暗くくすんで見えてしまう場合があります。

仕事などでストレスを抱えている人、疲れが取れにくい人、冷え性の人、普段あまり運動をしない人は血行不良によるくすみが原因かもしれません。

 

くすみ肌の改善に洗顔で対策しましょう

くすみ肌の改善には、くすみに特化した洗顔料やクレンジング剤を使用することで改善する場合があります。

ここでいくつかくすみ肌対策のためのおすすめ洗顔料をご紹介します。

くすみ肌対策のための おすすめ洗顔料

ファンケル エイジングケア 洗顔クリーム

《ファンケル エイジングケア 洗顔クリームの特徴》

  • 素早く、簡単にふわふわの泡が立つクリームタイプで、洗顔による肌への負担を軽減
  • セイヨウナシエキスとプルーン酵素エキスが、肌表面に日々留まっていく古い角層をすっきり落とす
  • うるおいを守りながら古い角層や毛穴の汚れを除去

こんな方におすすめ

  • 有名な基礎化粧品メーカーのものを使いたい
  • 肌の負担は減らしたいけど、泡立てるのが面倒
  • 角質や毛穴の汚れはスッキリ落としたいけど、肌の乾燥も気になる

 

ホエイ配合 二十年ほいっぷ

《直火釜練り直送石けん『二十年ほいっぷ』の特徴》

  • クリーミーで強い弾力を持った泡で汚れを吸着
  • 極小の気泡が肌のキメまで入り込み奥の汚れも逃さない
  • ホエイ配合でナチュラル栄養素と美容成分をたっぷり含む

こんな方におすすめ

  • 汚れはしっかり取りたいけど、美容成分も補いたい
  • ナチュラルな成分が好き
  • 敏感肌でも使えるものがいい

 

 炭酸洗顔フォーム ラフラ(RAFRA) マシュマロ オレンジ

《ラフラ(RAFRA) マシュマロ オレンジの特徴》

  • これ一つで「ピーリング」「マッサージ」「マスク」の機能
  • ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、コラーゲン配合でハリと弾力を与える効果も
  • 濃厚な炭酸泡でのマッサージにより血行促進効果
  • 雑誌「MORE」や「LEE」で紹介された人気の洗顔料

こんな方におすすめ

  • 雑誌で掲載された話題の商品を試したい
  • 時間と手間は省きたいけど、いろいろな機能を一度にできるものが欲しい
  • パックするのは面倒だけど、美容成分も補いたい

 

肌のくすみを防ぐ生活習慣

お肌の健康状態は生活習慣と密接な関係にあります。

普段の生活習慣の見直しで肌のくすみの予防を心掛けましょう。

十分な睡眠をとることを心掛ける

肌の形成は睡眠時に促進されます。

健康な肌が作られるためには質の良い十分な睡眠が必要です。

忙しい毎日の中で睡眠は後回しにしがちですが、できる限りの睡眠時間と寝る前のリラクゼーションで質の良い睡眠を取ることが肌の健康につながります。

正しい洗顔方法で

洗顔は間違った方法ですると肌を痛めたりくすみの原因にもつながります。

〈正しい洗顔方法とは〉

  • 髪はまとめて
  • ぬるま湯を使う
  • 泡立てて優しく皮膚の表面を洗う
  • よくすすぐ
  • タオルでゴシゴシこすらない
  • 洗顔後のケアも十分に

乾燥肌のスキンケア記事も参考にしてください。

>>乾燥肌に、まずは正しいスキンケアで肌にうるおいをキープ!

紫外線対策をする

紫外線は夏だけではありません。

紫外線対策は一年を通してその季節にあったものを使用しましょう。

紫外線は浴びる前の予防と浴びた後のケアが大切です。

朝晩のスキンケアで健康なくすみのない肌状態を保てるのが理想です。

>>【時短メイクに】化粧下地にもなる日焼け止めおすすめ人気ランキング

 

バランスの取れた食生活を心掛ける

肌の生まれ変わりに必要な栄養素はたくさんありますが、バランスよく摂取することが大事です。

肌のために積極的に取りたい栄養素は、ビタミン・鉄分・食物繊維など。

ダイエット中の人は特に、タンパク質と脂質も肌には大切な栄養素なので避けすぎないよう気を付けてください。

 

適度な運動を心掛ける

適度な運動は血行を良くし、体に新鮮な血液を循環させます。

冷え性の予防や、ストレス発散、新陳代謝も良くするので肌のくすみ改善だけでなく、体のためにとても良いことです。

とはいえ、仕事や子育てで忙しい日々を送るとそんな時間もなかなか取れないのが正直なところ・・・。

普段の生活で取り入れられそうな「エスカレーターを使わず階段を使う」「なるべく車を使わないようにする」など、小さいことから取り入れてみてください。

健康な体が健康な肌を作ります!

 

 

タイトルとURLをコピーしました