日焼け止め

日焼け止めの種類と選び方。SPF・PAの意味は?

更新日:

シミ・シワ・たるみ、そして皮膚がんの原因となる紫外線。

今や日焼け止めは一年中した方が良いとも言われています。

でも日焼け止めって種類豊富でどれを選んだら良いかわからない。。。

そこで日焼け止めの種類と状況に適した商品の選び方などをご紹介します。

 

SPF・PAとは?

SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略

主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。

SPFの後に入る数値、例えば30や50など、この数値が高くなるほどUV-Bの防止効果が高くなります。

この数値の意味はというと、SPF50であれば、「日焼により肌が赤くなるまでの時間が通常より50倍遅くなる」という意味であり、数値が高くても焼けないという意味ではありません。

肌が弱くすぐに肌が赤くなってしまう人であれば、同じ数値の日焼け止めを塗ったとしても早く赤くなってしまいますので、赤くなるまでの時間は元の肌質によりかなり変わるわけです。

UV-Bはシワの原因を作るといわれています。

PAとは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略

主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。

「+」という表示が多くなるほど防止効果が高くなります。

PAの後ろの「+」は、1つ~4つの表示となります。

UV-Aはシミの原因を作るといわれています。

UV-Bに比べUV-Aは、一年を通して降り注いでますので気を付けなければいけません。

 

日焼け止め、どんな種類から選べばいいの?

日焼け止めの種類は主にこの6つ

  1. クリームタイプ
  2. ミルクタイプ
  3. ジェルタイプ
  4. スプレータイプ
  5. パウダータイプ
  6. サプリメントタイプ(飲む日焼け止め)

この中のサプリメントタイプ以外はSPF・PAの表示があり、紫外線を浴びる時間や環境によりSPF・PA数値を目安に選べるようになっています。

日焼け止め 種類別のメリット・デメリット

種類 メリット デメリット
クリームタイプ 保湿力がありウォータープルーフの商品も充実。

しっとりとした仕上がり。長時間しっかりと紫外線をカット。

汗や水に強いので、海やスポーツ・レジャーに最適。

伸びがあまりよくないため白浮きしやすい。

落ちにくいため、しっかりとクレンジング剤で落とさないと肌が荒れてしまうことも。

ミルクタイプ 伸びが良く、肌に馴染むので使いやすい。

肌への負担が軽く、敏感肌用の商品も充実。

以前は落ちやすく頻繁な塗りなおしが必要な商品が多かったですが、今年は落ちにくい・ウォータープルーフタイプも登場。

普段使いに最適。

肌への負担が少ない。

普通の洗顔で落とせるものが多い。

落ちやすく何度も塗りなおしが必要な商品もあり。

ジェルタイプ 伸びが良く、さらっとしたつけ心地。

全身に使いやすいのが特徴。

白浮きもしないので男性にも使いやすい。

肌に刺激のある成分が入っているため、敏感肌には不向き。

さらっとしているので乾燥しやすい。

スプレータイプ 塗りにくい部分にはスプレーが便利。

短時間に手足全体に吹きかけて伸ばせます。

日焼け止めを嫌がる子供にも使いやすい。

周りに飛び散ったりムラができてしまうことがある。

目に入ったり髪についたりすることもあり、顔には不向きな部分もあり。

パウダータイプ メイクの上に乗せられるので、クリームのべたつきが気になる方、敏感肌の方に向いています。

肌への負担が少なく、化粧直しのように塗りなおしが簡単にできます。

ファンデーションのように使えるが、落ちやすいため1日に何度も塗りなおす必要があります。
サプリメントタイプ

(飲む日焼け止め)

サプリメントとして普段から服用していると、体の中から日焼け対策ができます。

紫外線からの刺激を守る成分と、日焼けしてしまった後に回復をサポートする成分の両方が働くことで効果的。

普段から服用している必要がある。(その日でだけでは効果は期待できない)

サプリメントだけでは不十分なので、クリームなどの皮膚表面の日焼け止めとの併用が必要。

継続して使用する必要があるため値段が高くなる。

 

SPF/PA表示に適した使い方は?

日焼け止めは「SPFとPAが一番高いものを選べば間違えなし」と思っている人もいるかもしれませんが、数値が高いものほど肌えの負担も大きいため、毎日使うには適していません。

用途にあったものを選ぶことで、肌への負担も減り、肌トラブルの防止にもなりますので下記を参考にしてください。

通勤・通学などだけで、続けて1時間以上外にいない場合。

→SPFは10~25くらい。PAは+くらいで十分です。

野外で数時間過ごす。または軽い野外スポーツ。

→SPFは20~45くらい。PAは++くらいで十分です。スポーツの場合は汗をかくのでウォータープルーフがおすすめ。

夏の炎天下で1日過ごす。ビーチやスポーツなど。

→日差しが強い場合は特にSPFはなるべく高いものを。SPF50代が理想。PAも+++以上に。ウォータープルーフにし、塗りなおしも忘れずに。

 

SPF・PA表示があれば、化粧下地だけでは不十分?

化粧下地やファンデーションにもSPF・PAの表示が入っているものが多いですね。

しかし化粧下地やファンデーションだけでは落ちやすく、化粧直しをしても日焼止めほどの効果が得られにくくなります。

肌が弱く、日焼け止めを使えない場合は別ですが、できれば併用した方が効果でるのでおすすめです。

 

日焼け止めは化粧の下に?上から?

通常は日焼け止めは化粧の下の方が良いでしょう。

但し、パウダータイプとスプレータイプ(顔用)は最後につけるようになります。

一日ビーチで過ごし、スノーケリングなど水も浴びる場合は、化粧はせずにウォータープルーフの日焼け止めのみで大丈夫です。

 

肌質別 おすすめ日焼け止めタイプ

<敏感肌>

ミルクタイプ、パウダータイプがおすすめ。

赤ちゃんでも使える低刺激のミルクタイプもあります。

もしそれでも刺激を感じるならば、紫外線防止効果のある化粧下地+ファンデーションで対応。

プラスして飲む日焼け止めも服用するのもおすすめです。

<乾燥肌>

クリームタイプ、ミルクタイプ(もしあればしっとりタイプ)がおすすめ。

但し、クリームタイプはしっかりとクレンジングで落とす必要があるため、クレンジング剤も保湿タイプを使いましょう。

<オイリー肌、ニキビ肌>

ジェルタイプがおすすめ。

さらっとしたミルクタイプでもべたつき感が少なく良いと思います。

絶対に焼けたくない日にはクリームタイプが必要ですが、しっかりとクレンジング剤で落とすようにしましょう。

<すぐに赤くなる肌>

表皮が薄く元々肌の白いタイプの人は、日焼けですぐに赤くなってしまいます。

クリームタイプでしっかりと紫外線カットし、塗りなおしも忘れずに。

年齢を重ねるごとにシミ・ソバカスが増えやすいタイプなので、夏以外にもミルクタイプなどの日焼け止めを常に使用し、美白化粧品も活用しましょう。

夏の間は特に、体の中からも飲む日焼け止めで対策するのが効果的です。

 

さいごに

日焼け止めは肌への負担が大きいため、肌に合ったものを選ぶことが大切です。

夏にスポーツやレジャーで一日中屋外で過ごす日などは、その日だけ特別に紫外線防止効果の高いものを使用することが望ましですが、普段使う日焼け止めとしては、普段使っている化粧品の同じラインで販売されている日焼け止めが一番安心して試せるかと思います。

30代を過ぎたら、今後のシミ・ソバカス防止のため、紫外線カットと美白はかかせません。

できればサプリメントも併用して体の内側と外側の両方から紫外線を阻止し、シミ・ソバカスのできにくい状態にしておきたいですね。

 

-日焼け止め
-, , , ,

Copyright© 美肌アイテム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.