MENU

機内持ち込み用ミニ化粧水|詰め替え不要・たっぷり保湿なおすすめ6選

2019 7/02
スポンサーリンク

旅行や出張などで利用する飛行機。機内は空気が乾燥してツライですよね。

フライト中の保湿対策や、メイク直し・メイク落としにも化粧水は必須ですし、長距離フライトではたとえすっぴんで搭乗したとしても、降りる前に化粧水で一度さっぱりとさせたいところです。

液体の機内持ち込みには制限があり、小さいボトルしか持ち込みができません。

小さいボトルを買って、いつも使っている化粧水を詰め替えるもいいですが、手間をかけたくない人には機内持ち込み可能サイズの化粧水がおすすめ。

いつもの化粧水より少し保湿効果の高いものを利用すると、機内でも快適に過ごせますよ!

目次
スポンサーリンク

機内持ち込み可能な化粧水【キュレル フェイスケア とてもしっとり】

こちらは敏感肌の人も安心なキュレルシリーズ、とってもしっとりタイプです。

トライアルセットですが、30mlの化粧水で十分な量ですね。クリームもセットなので、更に乾燥対策バッチリです。

普段このシリーズを使っている人はもちろんのこと、飛行機の乾燥で肌がヒリヒリする人には特におすすめの化粧水です。

敏感肌・乾燥肌でもこれで安心。

2泊くらいの旅行なら、このセットだけで行けちゃいますね。

 

機内持ち込み可能な化粧水【エリクシール ホワイト クリアローションC2】

資生堂エリクシールホワイトシリーズの化粧水しっとりタイプ。

乾燥対策だけじゃない、白効果も期待できる機内持ち込み可能サイズの化粧水です。

トラベルサイズ30ml入りなので、数泊の旅行ならこれ一本で十分。

日焼けが気になる季節や、紫外線の強い国に行くときには、飛行機だけでなくバスや電車の中でも重宝しそうですね。

シンプルに化粧水のみ準備したい人にもおススメです。

 

スポンサーリンク

機内持ち込み可能な化粧水【薬用 純白専科 スキンケア】

こちらは薬用純白専科スキンケアのトライアルセットです。

化粧水に代わる美容水が28mlなので、機内でもたっぷりと使うことができます。

美容液とオールインワンクリームもセットなので、液体用の機内持ち込みバッグに余裕があるようなら3点セットで持ち込むと心強いですね。

美白も期待できる、飛行機以外にも使いたいおすすめトライアルセットです。

 

機内持ち込み可能な化粧水【d プログラム バランスケア】

こちらは資生堂dプログラムから、バランスケアのトライアルセットです。

敏感肌用の化粧水23mlと乳液 11mlのセットで、敏感肌意外にも、肌の弱い人、季節的に肌質が変わりやすい人などにもおすすめです。

化粧水だけでなく、乳液もあるとさらに肌が落ち着きますね。

ホコリや花粉などによる肌の過敏に効果のあるdプログラムシリーズなので、機内の乾燥・ホコリには効果を発揮してくれることでしょう。

持ち込み量の制限に余裕があるなら、2つセットで持っていると安心です。

 

機内持ち込み可能な化粧水【フリープラス モイストケア しっとりタイプ】

こちらはカネボウのフリープラスシリーズのしっとりタイプ。

化粧水40mLと乳液10mLがセットになったトライアルセットです。

乾燥に弱い敏感肌の人のためのシリーズで、アルコールフリーなど低刺激にこだわった商品です。

元々乾燥肌の人はもちろん、機内の乾燥が苦手な人には安心して使える化粧水です。

こちらも乳液とセットだと心強いですが、化粧水が40mLで少し大きめなので、他の液体物と合わせて制限に余裕があるか要確認です。

 

機内持ち込み可能な化粧水【ドクターシーラボ ハリ肌スキンケアセット】

こちらはドクターシーラボのハリ肌スキンケアセット。

化粧水の他にも4種類のハリケア商品がセットというお得なトライアルセットです。

化粧水は18ml入りと少し小さめですが、機内だけで使うなら十分なサイズ。

肌のハリを取り戻すケアシリーズなので、長旅の疲れが顔に出ないという嬉しいセットですね。

 

まとめ

普段は普通肌用が合っている場合も、乾燥や旅行・移動による疲れで肌が敏感になってしまうことも多いです。

できれば機内持ち込み用には、いつもより保湿効果が高く、敏感肌にも安心な化粧水を準備しておくといいですよ。

液体物の機内持ち込みサイズは、20㎝×20㎝の透明ビニールバッグに入れられる範囲の液体ボトルというのが基本的なルールです。

1つのボトルは100mL(100g)を超えてはいけないのですが、さらに実際に入っている内容量が少量であれ100mL(100g)以上の容器は全て持ち込み不可となります。

航空会社によってもルールが違う可能性もありますし、告知なしでルールが変更になる可能性もありますので、必ず出発前に各航空会社にて詳細をご確認ください!

スポンサーリンク
目次
閉じる